びっくりするくらい簡単な韓国料理

のりを使った韓国料理の作り方 お隣の韓国には、おいしいものがたくさんあります。手間と時間のかかる韓国料理もたくさんありますが、すぐに作れるものも多くあります。ものすごく簡単なところでは、チャドゥルペギがあります。牛肉スライスをさっと焼いた焼きしゃぶです。日本にもありますが、薬味として、玉ねぎの甘めポン酢漬けや、スライスしたニンニク、粉唐辛子と和えた白髪ねぎを用意して、一緒にいただけば、一気に韓国らしさを増します。同じ薬味にサンチュやエゴマの葉を用意し、豚バラをカリカリに焼いたものを巻けば、お手軽なサムギョプサルになります。この場合は、ごま油に塩と胡椒をいれたもの、豆板醤も一緒に用意して使えば、ますます本場の味になります。

野菜料理ですと、珍しいところでは、セリのキムチがあります。セリを適当な大きさに切り、さっと塩が入ったお湯で湯がきます。水分をしっかり取ったら、粉唐辛子、にんにくのすりおろし、ナンプラーで和えます。キムチは漬け込むことで深みのある味を出すのですが、セリの場合は新鮮さが大事なので、ナンプラーでその部分を補います。そのまますぐにも食べられますが、ちょっと時間をおいたほうが、味がなじんでおいしさを増すと思います。

Copyright (C)2017のりを使った韓国料理の作り方.All rights reserved.