韓国料理のビビンパプの作り方について

のりを使った韓国料理の作り方 韓国料理のビビンパプは、たくさんの野菜が食べられて体にも良いので、たまに我が家の食卓に上がっています。おいしいので夫も子供たちも大好きなメニューです。まずごはんの上にトッピングする野菜のナムルをつくります。ほうれん草をきれいに洗ってから、沸騰したお湯で短時間湯がきます。湯がきおわったほうれん草は冷水につけてから水をしぼり、しょうゆとごま油であえておきます。次にニンジンのナムルをつくります。ニンジンを細切りにして耐熱皿に入れ、霧吹きをかけてからラップをして電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。加熱し終わったニンジンに、塩と胡椒、ごま油をかけてあえます。

さらに豆もやしを茹でてコンナムルをつくります。ゆで終わったコンナムルも同様に塩と胡椒、ごま油であえておきます。細切りにした牛肉を炒め、塩と胡椒で味付けしておきます。これらを全て、器によそったごはんの上にきれいにトッピングし、中央に目玉焼きをのせて完成です。好みの量のコチュジャン入れて混ぜ合わせていただきます。ごま油を少しかけてからコチュジャンと一緒に混ぜると、良い香りでさらに食欲が増します。常備菜としてナムルを作りおきしておき、ビビンパプにするのもおすすめです。

Copyright (C)2017のりを使った韓国料理の作り方.All rights reserved.