韓国料理のチャプチェの作り方について

のりを使った韓国料理の作り方 韓国料理のチャプチェは、韓国ではお祝いの時などによく食べられている料理ですが、普段の食事のおかずとしても登場します。チャプチェとは味付けされた春雨に野菜や肉が入った料理です。このチャプチェの作り方について紹介したいと思います。まず春雨は数時間水につけてもどしておきます。次に具の下準備をします。醤油と砂糖、つぶしたニンニクを入れたソースの中に、細切りにした牛肉や薄切りにしたマッシュルーム、タマネギやニンジン、3センチほどの長さに切った青ネギなどの野菜を入れてしばらく漬けておきます。これらの具をソースと一緒に熱したフライパンの中に入れて炒めます。

具が炒まったら、次に水に入れてもどしておいた春雨をフライパンに投入します。春雨がソースを吸って柔らかくなったら、塩と胡椒で味を整えて完成です。お皿に盛って、上から炒りごまをトッピングすると見た目も良くなります。出来立てのチャプチェもおいしいですが、冷えてからもおいしくいただけるのでお弁当のおかずにもおすすめです。ごはんに良く合うので、私は時たま週末に大量につくってから冷蔵保存して、常備菜として食卓に出したりもしています。ヘルシーでおいしいチャプチェをぜひ一度つくってみてください。

Copyright (C)2017のりを使った韓国料理の作り方.All rights reserved.